税理士のミスについて考える

こんばんは。税理士の川口です。

この時期、どの会計事務所も確定申告の作業に追われていて、常に時間との戦いを強いられている状況ですが、このような状況の中で気をつけなければいけないのが、ミスを発生しないようにするという事です。

ところで、この税理士によるミスですが、税務調査の際に担当の方に話を聞くと、意外に初歩的なミスが多く、ほとんどのケースで納税者本人が気づいていないケースが大半のようです。

最近は特に低価格を売りにしている会計事務所も増えてきていることから、利益を出すためにチェック体制が整っていなかったり、担当する職員の質が低いという場合もあるようです。

実際に会計事務所の就職サイトの求人情報を見ていると、低価格を売りにしている税理士さんは、簿記2級程度や未経験の人を採用して、お客様を担当させている場合もあるようです。

きちんとしたチェック体制を作っているところもあるのかも知れませんが、個人的には普通に考えたらあの料金でサービスの質を高めるのは難しいと思っています。

これからの税理士業界は、低価格でとにかくお客様の数を増やす路線と質を高めて税理士有資格者のみがお客様を担当するケースに分かれると思いますが、私はやはり同じ経営者として、資金繰りが大変な中で顧問料をお支払い頂いている訳ですから、サービスの質を高める路線を改めて続けて行こうと思いました


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>