開業届について多い2つの質問

こんばんは。税理士の川口です。

起業支援をしている関係で事業を始めたばかりの方からご質問を受ける事が多いのですが、特に多いのが開業届に関する内容で大きく分けて2つに分けられます。

1.開業届は出さないといけないのか

実際弊社で確定申告をお引き受けしている中で開業届を提出していないケースもありますが、特に問題があるという訳ではありません。(ただし、税務署では開業届を提出しないと事業を開始したことを把握できません。)

しかし、節税をなるべくしたいという場合には、青色申告の届け出は必ず出した方が良いので、そのためにも開業届と青色の届け出をセットで提出する事をお勧めしています

2.開業届はいつ出せば良いか

これについても、特に期限がある訳ではないので都合の良いタイミングで出せば良いのですが、上でも触れているとおり、青色申告の届け出は基本的には必ず出した方が節税になりますので、開業届と青色の届け出はセットで起業当初から提出をした方が良いと思います。

特に、起業当初から借入をする予定がある場合には、金融機関によっては開業届を見せてほしいと言われる場合もあるようですので、弊社にご相談頂いた方については、なるべくこの2つの届け出を提出するよう薦めています

なお、もしご自分で開業届を作る事ができないという方については、弊社で作成代行をしており、これまでも多数の方の開業届の作成を低価格でお引き受けしておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>