美容室・美容院を開業した際の注意点

こんばんは税理士の川口です。

今日は新たに美容院・美容室を開業された経営者と打ち合わせをした後、急ピッチで税務署や区役所などに提出する届出書や金融機関から融資を受ける際の資金計画書などを作成しています。

そもそも、なぜ急ピッチで作業をしているのかと言うと、元々は美容院・美容室の開業直後は別の会計事務所と顧問契約をしようと思っていたらしいのですが、いざ契約をしようとしたところ、税理士が担当してくれると思ったのに経験の少ない事務員が担当するということになったそうです。

お客様の側からすると、右も左も分からないことから税理士に相談をしながら進めようと思っていたのに、経験が少なく、まして税理士の資格を持っていない人が担当になってしまい、このままではまずいということで、私のところにご相談に来られました

私は税理士であると同時に会社経営者でもあるので開業時の苦労は分かるのですが、実際に開業してみると、想像していた以上に壁にぶつかることが多いのいで、やはり第三者で信頼できるパートナーがいた方が良いと思います。

会計事務所は経理や税金のことだけをするところと思われがちですが、実際に多いのが経営相談をされるケースなので、会計事務所は近所や安いとこならどこでも良いというのではなく、きちんとどのような人が担当してくれるのかを確認すべきだと思います。

小さいことだと思いがちですが、弊社に税理士変更に来られるケースで結構多いのが経営相談や節税相談ができないという理由ですので、美容院や美容室の開業時から、なるべくこの点を意識するようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>