中小企業は価格競争に参入しない

こんばんは。税理士の川口です。

私がいる会計事務所も例外ではなく、最近はどの業界でも価格競争が行われていますが、中小企業は出来る限り価格競争には参入しない方が良いと思います。

私の経験談になりますが、価格競争で獲得したお客さんは、もっと安い会社があった場合には、なんの躊躇もなく離れていってしまい、結果として更に値引きをしなければならなくなります

そうすると、いくら仕事をしても利益がまったく増え無くなってしまいますので、中小企業は価格競争に参入するのではなく、スピート、信頼感、品質で出来る限り勝負をしていくべきでしょう。

会計事務所業界を例に出すと、価格競争に参入する場合には、ひたすら顧問料を低く設定して集客をし、実際に作業をするのは経験がまったく無い若い職員に申告書まで作らせるという事です。

一方、価格競争に参入しない場合には、お客様を担当するのは税理士の資格を持っている人に限定し、お客様が相談事がある場合には、すぐに駆け付けるという事です。

価格競争は当たり前の話ですが、結局価格だけの関係です。

取引先と継続して仕事をしていくためにも、価格だけの繋がりよりも信頼関係で繋がるようにすべきだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>