個人の事業税について

こんばんは。税理士の川口です。

この時期は朝から晩まで確定申告漬けになっていますが、今年は例年と比べて個人で事業をしている方からのお問い合わせが増えているので、時間のやりくりが大変な状況です。

ところで、個人で事業を始められたばかりの方は、所得税や住民税については皆様比較的理解をされている方が多いのですが、意外に多いのが事業税についてで、後になって事業税の納付書が届いてびっくりされている方が多いです

特に多いのが建設業や塗装業の仕事をしている場合で、会社で働いていた時と同じような感覚でいらっしゃる方が非常に多いです。

個人事業主になるとメリットが多いように感じがちですが、利益がそれなりに出ると事業税の納税義務も発生しますので、独立して個人で事業を始める場合には、事業税についても考慮した上で、独立するか会社員のままでいるかを判断すべきです。

ちなみに、個人事業税の申告は、所得税の確定申告を通じて自動的にされるので、特にする必要はありません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>