無申告はやめましょう

こんばんは。税理士の川口です。

弊社には個人法人を問わずお付き合いをさせて頂いている訳ですが、最近多いのが複数年申告をしていない(無申告)ケースで、特に会社設立をしてから数年間の間、1回も申告をしていないケースもあります

お話を聞いてみると、本業が忙しくて申告の事を忘れていた、そもそも税金の申告をしないといけない事を知らなかったと言われますが、このご時世色々なところから情報が入って来る訳ですから、このような言い訳は同じ経営者として厳しいと思います。

当たり前の話になりますが、中小企業の社長は本業だけをしていれば良い訳ではなく、経理などの事務作業も当然しなければならず、まして税金の申告をしていないとなると、金融機関からの資金調達も出来なくなってしまいます

今でこそ、本業以外の事務作業は二の次と考える人は少なくなったように思いますが、それでも無申告の会社は、起業したばかりの会社を中心に少なくないので、会社の信用力を高めるためにも遅れてでも申告をするようにしましょう。

また、無申告であってもばれないと思っている方もいるかも知れませんが、登記情報などから税務署は会社設立をした情報を収集しているとおもいますので、もし今、無申告の状況でしたら早めに税理士に相談をして申告をするようにしましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>